« 氣持ちで包み込む | トップページ | 「氣」を感じ取れる「心」 »

2020年3月20日 (金)

軽く持って扱う

箸を使いこなせるようになる前は、

持ち方や動かし方が氣になって、

先端を上手く使いこなせなかったと思います。

それは、持つ所に「氣」が止まって、先端まで「氣」が行き難いから。

同じような現象は、“強く持つ”ことによっても起きます。

箸、ハサミ、包丁、筆、クラブ、ラケット、バット、剣等・・・

物を持って扱うときは、“軽く持っている”のが基本です。

 

« 氣持ちで包み込む | トップページ | 「氣」を感じ取れる「心」 »

正しい身体の動かし方を身につけよう」カテゴリの記事