« 氣と心の好循環・悪循環 | トップページ | 目つきと「氣」 »

2020年3月15日 (日)

「執着」を取り去る

仏教では、苦しみの原因は「執着」にあるといわれます。

物事にとらわれることによって、悩み・不安等の苦が生じるというのです。

武道にも「執着」があります。

相手にとらわれると、全体が感じ取れなくなります。

「氣」が四方八方に通っている状態で「心」を向けると、全体を感じ取れます。

何かにとらわれているときは、視野が狭くなっているものです。

広い視点で柔軟に対応することもやり難くなっているでしょう。

「氣」と「心」の上手な使い方を学べば、

「執着」によって生じる苦しみを、減らせるかもしれません。

« 氣と心の好循環・悪循環 | トップページ | 目つきと「氣」 »

自由な心を持とう」カテゴリの記事