« 急ぐときの注意点 | トップページ | もったいないー呼吸編ー »

2019年6月11日 (火)

しっかりするには、動きを含む状態でいる

速く回転しているコマは、ちょっとくらい突いても倒れません。

実は、人間も同じようなことが出来ます。

勿論、回転するわけではありませんが…(^-^;

要は動きを含んでいれば良いのです。

上体を左右に振って、その振れ幅を段々小さくしていきます。

動きは小さくなって見えなくなりますが、

無限小となって続いていると思えば良いのです。(「静止」といいます)

試しにちょっと身体を突いてみると、何だかしっかりしています。

やっている本人は、身体をふわっと軽く感じるはずです。

身体をだらっと重くしたり、身体に力を入れたりすると、

その効果はなくなってしまいます。(「停止」といいます)

静止は、身体が楽でしっかりした状態を得られるので、おすすめです。

 

 

 

 

« 急ぐときの注意点 | トップページ | もったいないー呼吸編ー »

正しいリラックスを身につけよう」カテゴリの記事