« 2種類の静 | トップページ | 身に付いたものは無意識に行われる »

2017年9月20日 (水)

動きを無限小にする

じっとしていないのは、子どもの性かもしれません。

でも、少しはじっとしていて欲しい時があります。

電車やバスの中とか、病院の待合室とか・・・

そんな時は、「じっとしてなさい!」と言いたくなります。

『動くな』という意味でしょうが、動かないことは実は大変なのです。

動きを止め身体を固定しようとすると、力が入ってしまいます。

力が入っていては、長続きしません。

そこで試して欲しいのが、『動きを無限小にする』という発想。

身体を横に振ってその振れ幅を半分・半分・・・としていけば、

動きは無限小になり、じっとした状態になります。

力みは無いので、長続きします。

お試しあれ。

« 2種類の静 | トップページ | 身に付いたものは無意識に行われる »

正しいリラックスを身につけよう」カテゴリの記事