« 天地の視点を持つ | トップページ | 呼吸法で意識を広げる »

2014年1月30日 (木)

物事の解決法

あれこれ悩んで上手く行かない時、壁にぶち当たって前に進めない時、

どのようにすると良いでしょう?

こんな比較実験をしてみましょう。

誰かに手伝ってもらいます。

歩いている時に、通せん坊をして自分の身体を止めてもらう実験です。

先ずは考え事をしながら歩いてみます。

相手の人には、自分の身体に手を掛けて止めようとしてもらいます。

手を掛けられた時の感覚を覚えておいてください。

次に、前に氣持ちを向けて歩いてみます。

出来るだけ心を明るく、スキップする位の氣持ちで歩くと良いでしょう。

先程と同様に、相手の人に、自分の身体に手を掛けて止めようとしてもらいます。

その時の感じはどうですか?

先程よりも止められ難かったのではないでしょうか?

前に氣持ちが向いていると、氣が先行します。

氣が先行すると、壁(障害)が壁(障害)でなくなるのです。

悩んで前に進めない時は、それがもう解決した理想の姿を思い描いて、

明るい氣持ちで進んでいくことが、物事を解決していくコツかもしれませんよ。

« 天地の視点を持つ | トップページ | 呼吸法で意識を広げる »

積極的精神を身に付けよう」カテゴリの記事