« 「もらう」より「あげる」精神を持とう | トップページ | 心が先、身体は後 »

2013年7月19日 (金)

動(どう)の元氣、静(せい)の元氣

元氣良く動き回る子どもを見れば、「元氣がいいね」と思います。

では、あまり動かずじっとしている子は、元氣ではないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

熱心に本を読んでいる子は、氣が本に向いていて、「元氣がいい」のです。

熱心に生き物を観察している子は、氣が生き物に向いていて、「元氣がいい」のです。

良く動くか動かないかが、元氣の基準ではありません。

氣が出ているか出ていないかが、元氣の基準です。

氣が出ている子は、顔が輝いています。

子どもの顔の輝きを、大切にしてあげたいと思います。

« 「もらう」より「あげる」精神を持とう | トップページ | 心が先、身体は後 »

子育てについて」カテゴリの記事