« 本物の武道は心を育てる | トップページ | やる氣を出して前向き脳に »

2013年5月16日 (木)

氣にしなければ「有って無きが如し」

周りの影響を受け易いですか?

人の目線が氣になって、思うようにしゃべれないとか・・・

人の何氣ない言葉が氣になって、落ち込むとか・・・

こんな実験をしてみましょう。

立って実験します。誰かに協力してもらいます。

相手には、横に立ってこちらの胸に手を当ててもらいます。

こちらが動いたらその動きを止めるつもりでいてもらいます。

“とおせんぼ”をしている感じでしょうか。

手を当てられたこちらは、そのまま前に歩こうとします。

どうですか?楽に歩けましたか?

実は、楽に歩けるか歩けないかは、こちらの心が多分に影響します。

相手の手を氣にすると、歩き難くなります。

氣にせず、ただ前に心を向けて歩くと、楽に歩けます。

周りの影響を受け易い人は、氣にし易い心の癖があるかもしれません。

氣にしなければ、「有って無きが如し」です。

« 本物の武道は心を育てる | トップページ | やる氣を出して前向き脳に »

自由な心を持とう」カテゴリの記事