« 下りるリズムでリラックス | トップページ | 氣にしなければ「有って無きが如し」 »

2013年4月23日 (火)

本物の武道は心を育てる

適切に使えば便利なはさみやナイフも、

使い方を間違えれば、人を傷付ける道具になります。

武道も、その用い方を間違えると、人を傷付ける技術になります。

だから武道は、心を育てなければならないのです。

武の字は、「戈(ほこ)」と「止」から成り立っています。

争いを収めると解釈する説もあります。

本物の武道は、相手を尊敬し思い遣る心を育てます。

« 下りるリズムでリラックス | トップページ | 氣にしなければ「有って無きが如し」 »

万有愛護の精神を持とう」カテゴリの記事