« セルフコントロールが出来れば何事にも役立つ | トップページ | 相手の心を大切にして導く »

2013年3月29日 (金)

見る・聞くと、やるは大違い

見たり聞いたりして、分かった氣になったとしても、

実際にやってみると出来なかったり、分からない点が出てくることは無いですか?

実際にやってみることで、自分の理解度が分かります。

何かを学ぶときは、見る・聞くで終わらず、自分でやってみると良いでしょう。

逆に、人に何かを教える際も、この「やる」ということが重要です。

見せたり聞かせたりして教えた氣になったとしても、

相手が本当に理解しているかは「?」です。

実際にさせてみると、その人がどれ位理解しているかが分かります。

「やって見せ 言って聞かせて させてみせ 褒めてやらねば 人は動かじ」

大日本帝国海軍 連合艦隊司令長官 山本五十六氏の言葉だそうです。

人にものを教える際の指針とすべき言葉だと思います。

« セルフコントロールが出来れば何事にも役立つ | トップページ | 相手の心を大切にして導く »

学ぶ態度・教える態度」カテゴリの記事