« パワフルよりエネルギッシュ | トップページ | しっかり持つには心を使う »

2013年3月 1日 (金)

大自然を手本に生きる

誰でも間違いはあります。完璧な人間はいないでしょう。

ということは、人間が作り出した「常識」の中にも、間違いは有り得るということです。

例えば、「姿勢」。

世間では、背筋を伸ばし胸を張った姿勢が良いと思われている方もおられるようですが、

それでは身体に力が入ってしまいます。

身体に力を入れていては、疲れるし、動き難いです。

自然界の生き物を見てみると、

力を入れずにリラックスし、いつでも動ける状態でいるのではないでしょうか。

我々は、人間が作り出した「常識」に囚われず、

大自然を手本として生きる態度が必要と思います。

なぜなら、我々人間も大自然から生まれて来たのですから。

« パワフルよりエネルギッシュ | トップページ | しっかり持つには心を使う »

天地を相手に生きよう」カテゴリの記事