« 自立心を持とう | トップページ | 正しい姿勢で呼吸の質を上げよう »

2013年1月31日 (木)

笑顔で視野を広げよう

にらんだ顔と笑顔。

どちらが視野が広がる感じがしますか?

にらむということは、心が一か所に囚われており、周囲のことが分からなくなります。

これを「執着」と言います。

たまに、人前で連れの人(家族、部下など)を叱っている人を見かけますが、

周囲が嫌な思いをしていることには、氣付いていないようです。

笑顔で眺めていると、前も良く見えるし、周りの状況も感じられます。

物理的視野もそうですが、心理的視野が広がるのです。

この状態が「集中」している状態です。

笑顔でいれば、周囲に柔らかい雰囲氣が伝わり、良い影響を与えます。

笑顔の方が、自分にも周りにもお得ですよ。

« 自立心を持とう | トップページ | 正しい姿勢で呼吸の質を上げよう »

心をプラスにしよう」カテゴリの記事