« 大声を出す代りに呼吸法でスッキリ | トップページ | 来たときよりも美しく »

2012年12月25日 (火)

相手のことを思える人に

合氣道の稽古では、手足の爪を切って稽古に出席するよう指導します。

「なぜ爪を切るのだろう?」

子どもに問いかけると、「ケガをしないため」と答えます。

正解です。

爪が長いと、爪を剥がす等のケガをするかもしれません。

でも、それは答えの半分です。

合氣道は相手と組んで稽古をします。

爪が長いと、組んだ相手に爪が当たってケガをさせてしまうかもしれません。

「相手にケガをさせないため」

そういう答えが出ると、ホッとします。

相手を思いやる氣持ちを大切にしたいものです。

« 大声を出す代りに呼吸法でスッキリ | トップページ | 来たときよりも美しく »

思いやりの心を持とう」カテゴリの記事