« 勇将の精神を身に付けよう | トップページ | 正しい不動の姿勢② »

2012年11月29日 (木)

正しい不動の姿勢①

「氣を付け」の姿勢は、直立不動の姿勢と言われます。

「不動」には2種類あります。

“動かない”と“動けない”です。

氣を付けの姿勢は、どちらでしょう?

氣を付けの姿勢でするスポーツはあるでしょうか?

氣を付けの姿勢では素早く動けそうにありません。

また、氣を付けの姿勢をした人の身体を軽く押してみると、簡単に動きます。

“動かない”不動は満たしていません。

気を付けの姿勢は、“動けない”方の不動でしょう。

一方、テニスや卓球など、素早い動きを必要とするスポーツは、

軽く跳躍でもして速く動けるように備えています。

軽く跳躍した後の姿勢は、すぐ動くことも出来ますし、

身体を押してみても安定しています。

“動かない”不動を満たしています。

軽く跳躍した後の姿勢は、安定して“動かない”不動の姿勢です。

« 勇将の精神を身に付けよう | トップページ | 正しい不動の姿勢② »

正しい姿勢を身につけよう」カテゴリの記事