« 自ら実践し学ぶ | トップページ | 呼吸法で執着心に克つ »

2012年7月10日 (火)

人の喜びが我が喜びとなれば疲れない

働くことは、疲れることでしょうか?

嫌々、又は義務感で仕方なく働いていれば、やはり疲れるでしょう。

一方、人は喜んで何かをしている時は、疲れないものです。

それは、氣が出ているからです。

「働くこと」は、「傍(ハタ)を楽にすること」とよく言われます。

自分が働くことによって、まわりの人たちが楽になる、助かる、幸せになる・・・

それを喜びと感じられれば、喜んで働くことができます。

働くことに遣り甲斐を感じ、生き甲斐も感じることでしょう。

その時、働くことは決して疲れることではないはずです。

働いても疲れないコツは、「人の喜びを我が喜びとする」心にあります。

« 自ら実践し学ぶ | トップページ | 呼吸法で執着心に克つ »

心をプラスにしよう」カテゴリの記事