« 人の喜びが我が喜びとなれば疲れない | トップページ | 自立心があると感謝の心が湧く »

2012年7月25日 (水)

呼吸法で執着心に克つ

同じことでも、すごく氣にする人と、平氣な人がいます。

氣にする人は、対象となる物事に心が囚われています。

囚われる必要の無い物事は、スーッと流せると良いのですが…。

釈尊は、執着心を取り去ることによって心の平安が得られると説きました。

ここで、心身統一合氣道の教室でお伝えしている

“執着心を取り去る方法”をご紹介しましょう。

『氣の呼吸法』です。

「出づる息は天地よろず世に及び」…

氣持ちを大きく伸び伸びとして無限に拡大して行くつもりで吐きます。

「入る息は腹内の寸分の内に収まる」…

下腹に無限に入り続けるつもりで吸います。

無限ですから、心を止める暇がありません。

物事に囚われる「心のくせ」が取れてきます。

« 人の喜びが我が喜びとなれば疲れない | トップページ | 自立心があると感謝の心が湧く »

呼吸法で健康になろう」カテゴリの記事