« 身体は軽いもの | トップページ | 身体を上手に使うには身体全体を使う »

2011年9月14日 (水)

物事の取り方で状況は変わる

物事をどう捉えるかは、個人差があります。

コップにいっぱい入っていた水(ジュースやお酒等でもOK)が半分になったとき、

「もう半分しかない(+_+)」ととるか、

「まだ半分ある!(^^)!」ととるかで、氣分はかなり違います。

合氣道では、相手に身体をつかませたときの稽古もします。

相手に両手で身体を押えられたとします。

「両手で押えられているから動けない。」と思えば、不利に感じます。

一方、「押えられていない身体の他の部位は動かせる。」

「相手は両手を押えることに使っているので、手で他のことは出来ない。」等

捉え方を変えれば状況は変わります。有利にさえ思えてきます。

何かのときに、不安になったり動揺したりする人もいれば、平然としている人もいます。

それは、物事の取り方が違うのではないでしょうか。

マイナス(暗い、消極的)に取らずに、

プラス(明るい、積極的)に物事を捉えたいものです。

« 身体は軽いもの | トップページ | 身体を上手に使うには身体全体を使う »

心をプラスにしよう」カテゴリの記事