« 人類は万物の霊長??? | トップページ | 呼吸法で心身を鍛えることが出来る »

2011年8月10日 (水)

何でも好きになると疲れない

好きな遊びをしている子どもは、放っておくといつまででもやっています。

疲れを知りません。

嫌な仕事をやっている大人は、仕方なくやっているのでしょうか・・・

ドッと疲れます。

これを、氣の概念を入れて解釈すると・・・

好きなことをしているときは、氣が出ているのです。

氣は、出すことによって生命力が高まります。だから、疲れません。

嫌なことをしているとき(正確には、嫌だと思ってしているとき)は、氣は出ません。

氣が出ていないと、生命力は衰えます。だから、疲れるのです。

ならば・・・

何でも、することを好きになった方がお得です。

これをやれば、誰かが喜ぶとか・・・

これをしている自分が格好いいとか・・・?

その事々に応じて色々工夫してみてください。

疲れ知らずになります。

« 人類は万物の霊長??? | トップページ | 呼吸法で心身を鍛えることが出来る »

心身一如」カテゴリの記事