« 小我では‘しょうがない’ | トップページ | 発想を変えれば呼吸が深くなる »

2009年4月 2日 (木)

落ち着いていれば、足元にも氣が付く

心の落ち着きを失った状態を、“上がる”といいます。

血が頭に上る意味から、そう言うそうですが、

「意識」もやはり、“上がって”います。

そうすると、足元に氣が付かないので、

物につまづいて引っ繰り返ったりします。

落ち着いていれば、前もよく見えるし、足元にもよく氣が付きます。

履きものをそろえるのは、見た目にもその方がきれいで氣持ち良いですが、

心の落ち着きを身に付けるのにも、大変良い習慣です。

心身統一合氣道の教室では、必ず履きものをそろえるよう指導します。

« 小我では‘しょうがない’ | トップページ | 発想を変えれば呼吸が深くなる »

落ち着きを身につけよう」カテゴリの記事