« 良い姿勢は無理がない | トップページ | 生きることに全力を尽くす »

2009年4月 2日 (木)

心を向ける習慣をつけよう

心ここに在らざれば、視れども見えず、聴けども聞こえず、食らえどもその味を知らず」
という言葉があります。

心が他所を向いていたのでは、物事をはっきりと認識することは出来ません。

本を読む場合は、他のことを考えながら読んだのでは、内容が掴めません。

本に心を向けて読むことによって、内容が頭に入ります。

勉強はダラダラと長時間やるよりも、

短時間でも、心を向けた「心身一如」の状態でやるほうが良いでしょう。

実は合氣道も、目線が落ちていたり、考え事をしたりしていたのでは、

相手や周囲の状況を正しく認識することはできません。

心身統一合氣道の原則は、先ず、「氣が出ている」こと。

即ち、相手に心を向けること。

そうすることによって、相手の心の動きを察知することができ、

落ち着いて対処することができます。

自然と心を向ける習慣がついてきます。

« 良い姿勢は無理がない | トップページ | 生きることに全力を尽くす »

心身一如」カテゴリの記事