« 氣の呼吸法で声の通りが良くなる | トップページ | よく学べよく遊べ »

2009年2月16日 (月)

自分がされて嫌なことは人にもやらない

合氣道の技に、「順」の技と、「逆」の技があります。

手首や肘などの関節を、本来曲がる方向へ素直に曲げる技を「順」、

本来曲がらない方向へ無理やりに曲げる技を「逆」といいます。

勝つ為には、人を従わせる為には、何をしても良いというのは、

「逆」の技を用いる人の発想でしょうか?

もし仮に「逆」技で相手を倒せたとしても、

相手は心の中ではきっと反発していることでしょう。

心の底から相手が従うように出来てこそ、本当に相手を導けたといえます。

正しいから相手を導くことが出来るというのが、「順」です。

心身統一合氣道では、「逆」技は用いません。

「順」の技のみ用います。

“投げて喜び、投げられて喜び”

「力は正義なり」ではなく、「正義は力なり」です。

« 氣の呼吸法で声の通りが良くなる | トップページ | よく学べよく遊べ »

思いやりの心を持とう」カテゴリの記事